親の土地にマイホームを建てるときの税金上の問題とは?

親の土地にマイホームを建てるときの税金上の問題は?@

今回のテーマは、
親の土地にマイホームを建てるときの税金上の問題についてです。

 

さて、親の土地にマイホームを建てる際には、
税金上どのような問題があるのでしょうか?

親の土地にマイホームを建てるときの税金上の問題は?A

資金的に土地を購入するのが難しいというような場合、
親の土地にマイホームを建てるということはよくあることです。

 

そのような場合、親子で賃貸借契約を結び、
子供が親に家賃を支払うということも考えられますが、

 

その際、子供が親に権利金を支払わないと
課税上問題が生じてきます。

 

なぜなら、そのような場合には、
子供は親から借地権相当額の贈与を受けたとみなされ
贈与税がかかることがあるからです。

 

一般的に、親から土地を借りた場合、
地代を支払うことはあっても
権利金まで支払うことはあまりないのではないかと思います。

 

なので、この点には十分にご注意ください。

 

ちなみに、贈与税がかからないようにするには、
親子間で地代の授受をしない土地の使用貸借にするとよいでしょう。

 

これは、土地を
タダ(無償)または固定資産税相当額程度の使用料で貸借する場合には、
借地権が発生しないことになっているからです。

 

※借地権とは?
一般的には建物の所有を目的とする地上権や土地の賃借権のことです。
都市やその周辺部では、
設定時に多額の権利金が支払われるのが通例になっているため、
これが支払われない場合には、
その分が所有者から借地人に贈与されたとみなされてしまいます。

 

スポンサーリンク