新築住宅・中古住宅の不動産取得税の軽減措置...

新築住宅の不動産取得税の軽減措置について

マイホームを取得した場合に
一定の要件を満たせば、
以下のような不動産取得税の軽減措置が受けられます。

 

それでは、新築住宅・中古住宅の家屋と土地について、
見ていきたいと思います。

新築住宅の家屋の不動産取得税の軽減措置は?

床面積が50u以上240u以下であれば、
建物の評価額から1,200万円の控除が受けられます。

 

これにより不動産取得税の税額は、
(建物の固定資産税評価額−1,200万円)×3%
の算式で求めます。

新築住宅の土地の不動産取得税の軽減措置は?

■適用要件
・建物の新築後1年以内に土地を取得していること

 

・土地の取得後、3年以内に建物を新築、または1年以内に
 その土地上の建物を取得していること

 

■上記の要件を満たしていれば、次のいずれか多い金額を税額から控除可
@1u当たりの土地の評価額の1/2×建物の床面積の2倍×3%
A45,000円

 

■税額
土地の固定資産税評価額の1/2×3%−控除額

 

スポンサーリンク

中古住宅の不動産取得税の軽減措置について

中古住宅を取得した場合にも
一定の要件を満たせば、
以下のような不動産取得税の軽減措置が受けられます。

中古住宅の家屋の不動産取得税の軽減措置は?

中古住宅の場合にも、
床面積が50u以上240u以下で
新築後20年(耐火建築物は25年)以内のものであれば、
建物の評価額から一定額の控除が受けられます。

 

これにより不動産取得税の税額は、
(建物の固定資産税評価額−控除額)×3%
の算式で求めます。

 

具体的な控除額は、
次のように建築された日ごとにそれぞれ定められています。

 

■昭和51年4月1日〜昭和56年6月30日 ⇒ 350万円
■昭和56年7月1日〜昭和60年6月30日 ⇒ 420万円
■昭和60年7月1日〜平成元年3月31日 ⇒ 450万円
■平成元年4月1日〜平成9年3月31日 ⇒ 1,000万円
■平成9年4月1日〜 ⇒ 1,200万円

中古住宅の土地の不動産取得税の軽減措置は?

中古住宅取得後1年以内に借地していた土地を取得した場合や、
土地を取得した日から1年以内にその土地上の中古住宅を取得した場合に、
不動産取得税の軽減措置が受けられます。

 

■上記の要件を満たしていれば、次のいずれか多い金額を税額から控除可
@1u当たりの土地の評価額の1/2×建物の床面積の2倍×3%
A45,000円

 

■税額
土地の固定資産税評価額の1/2×3%−控除額

 

スポンサーリンク