土地家屋にかかる税金は?

土地家屋にはどんな税金がかかるの?@

不動産にかかる税金については、次のように分類できます。

 

■不動産取得税
・土地家屋の購入や家屋の建築(新築・増築・改築)、贈与、交換などにより
 不動産を取得したときに、取得した人に課税される税金です。

 

・申告は都道府県税事務所になります。

 

・住宅または土地取得税額は課税標準の3%、住宅以外の家屋取得は4%です。

土地家屋にはどんな税金がかかるの?A

■固定資産税
・固定資産課税台帳に所有者として登録されている人※に
 普通徴収の方法で課税される市町村税です。
※毎年1月1日現在

 

・申告は市区町村役場になります。

 

・税額は、課税標準の1.4%(市区町村により異なります)です。

 

■都市計画税
・原則として、都市計画法による市街化区域内において、1月1日現在、
 土地や家屋の所有者として、固定資産課税台帳に登録されている人に
 課税される税金です。

 

・小規模宅地の場合は、軽減されるケースがあります。

 

・税額は、課税標準の0.3%(市町村により異なります)です。

 

・納税時期は、固定資産税と同じです。

 

■土地・建物等の譲渡に係る所得税
・譲渡所得※に対しては、他の所得と分離して、所得税と住民税がかかります。
※個人が土地や建物を譲渡して生じた所得のことです。

 

・対象となる土地等の保有期間が5年を超える場合は長期譲渡所得、
 5年以下の場合は短期譲渡所得とされ、それによって課税額は異なります。

 

・居住用財産等については、税額の軽減特例があります。

 

・申告と納税については、譲渡した翌年の2月16日から3月15日までに
 住所地を管轄する税務署に所得税の確定申告をして納めます。

 

スポンサーリンク