贈与税の特例と届出書類/特定居住用財産の買換えに伴う譲渡損失の繰越控除の特例

贈与税の特例と届出書類について@

贈与税の特例というのは、
相続時精算課税のことです。

 

この特例では、20歳以上の子が親から
住宅資金の贈与を受けた場合には、
2,500万円までの贈与税が非課税になります。

贈与税の特例と届出書類についてA

この特例を受けるためには、
贈与があった翌年2月1日から3月15日までに

 

税務署に
確定申告をしなければなりません。

贈与税の特例の届出書類は?

贈与を受けた翌年の2月1日から3月15日までに、
贈与税の期限内申告書に
この特例を受ける旨の記載をして
次の書類を添付して税務署に提出する必要があります。

 

■相続時精算課税選択届出書
■住民票の写し
■登記事項証明書
■耐震基準適合証明書など

 

スポンサーリンク

買換えに伴う譲渡損失の繰越控除の特例と届出書類について

「特定居住用財産の買換えに伴う譲渡損失の繰越控除の特例」
を受ける場合には、
翌年の2月1日から3月15日までに

 

次の書類を添付して
譲渡損失が生じた年に、確定申告をする必要があります。

 

また、繰越控除を受ける期間は
連続して確定申告をしなければなりません。

 

■登記簿謄本または抄本
■住民票の写し
■買換え資産に係る住宅借入金等の残高証明書

 

スポンサーリンク