諸費用ローンとは?

諸費用ローンについて@

マイホームを購入する際には、
住宅の購入資金だけでなく
次のような諸費用が必要になります。

 

■契約手数料 
■税金 
■保証料 
■登記費用
■水道加入金 
■引越し費用...etc

諸費用ローンについてA

これらは最初の支払時に発生するものも多いので、
細かく把握していない場合には
資金不足を招くケースも多々あります。

 

このような際に便利なのが、
民間金融機関で取り扱っている「諸費用ローン」というものです。

 

例えば、りそな銀行の「りそな諸費用ローン」ですと、
不動産仲介手数料、保証料、登記料、火災保険料、引越し費用

 

などの住宅取得に関わる諸費用を
サポートするためのローンになっていますので、
購入準備がスムーズに進められます。

 

最長35年の長期返済が可能で、
住宅ローンと併用で申し込むことができますので、

 

消費者金融やクレジットカードローンで
資金を工面するよりはるかに安心なローンといえます。

りそな諸費用ローンの借入金額は?

りそな諸費用ローンの借入金額は、
次の条件を満たす金額の範囲内となっています(1万円単位)。

 

■10万円以上500万円以内

 

■住宅購入価格の10%相当額以内、かつ住宅ローン利用額との合計額が1億円以内

 

■保証会社担保評価額の110%以内

 

■同時に借入する住宅ローン、住宅金融支援機構借入、その他既存借入額を含めた
 年間元利金返済額の税込年収に対する割合が35%となる金額

 

スポンサーリンク

りそな諸費用ローンの金利は?

りそな諸費用ローンの金利は、
変動金利型のみを採用しています。

 

ただし、当社の住宅ローンの変動金利型と比べると1.5%高く、
かつ事務手数料も300万円以下が31,500円、
300万円超が52,500円となっています。

 

また、保証料も元金100万円当たり※、
一般の住宅ローンが14,834円なのに対して、
44,500円と3倍以上高くなっています。

 

※返済期間20年の場合です。

りそな諸費用ローンの資金使途は?

次のような諸費用に利用できます。

 

■住宅取得に伴う諸経費(仲介手数料、保証料、火災保険料)
■住宅取得に伴う家具、電化製品、インテリア用品等の購入資金
■住宅購入に関わる付帯設備費用
■住宅購入に際しての修繕積立金等の負担金

 

スポンサーリンク