失業時あんしん保険の条件は?

失業時あんしん保険の条件について

りそな銀行の
「失業時あんしん保険」
と、
みずほ銀行の
「勤務先倒産時補償」(失業による喪失所得担保特約)

次のような条件になっています。

りそな銀行の「失業時あんしん保険」について

■保険対象期間
・ローン実行日の翌月から10年間(6か月間は待機期間)

 

■加入資格者
・雇用保険の一般被保険者で、保険加入時の年齢が満54歳以下の人

 

■保険金の支払い
・離職前の給料と雇用保険基本手当ての差額(月額10万円を限度に最高6か月間)

 

■保険料
・2万円

みずほ銀行の「勤務先倒産時補償」(失業による喪失所得担保特約)

■保険対象期間
・ローン実行日の翌月から5年間(当初30日間は待機期間)

 

■加入資格者
・民間企業に6か月以上勤務されている59歳以下の給与所得者で
 雇用保険の被保険者の人

 

■保険金の支払い
・ローン返済月額※を限度に最長6か月間

 

※10万円が限度です。

 

■保険料
・ローン返済月額1万円につき月々86円

 

※ローン返済月額は年間返済合計額(ボーナスを含む)の1/12です。

 

スポンサーリンク

もし印紙を貼るべき文書に印紙を貼らなかったら?

もし印紙を貼らなかった場合には、
貼るべきであった印紙税額と
その2倍(合計3倍)の過怠税を取られます。

 

また、仮に印紙を貼っていたとしても、
それを消印していない場合には、
その印紙と同額の過怠税を取られます。

 

ちなみに、文書に印紙が貼ってあろうとなかろうと、
民法上の契約そのものの効力については、
全く支障はありません。

 

スポンサーリンク