所得補償保険の内容は?

所得補償保険の基本契約について

所得補償保険の基本契約は、次のようになっています。

 

■保証金を支払う場合
保険期間中(契約期間中)に、ケガまたは病気によって就業不能になり、
その期間が免責期間を超えた場合

 

■支払う保証金
就業不能期間※(月間)×保険金額(契約金額)=支払額

 

※免責期間(契約によって取り決めた一定の期間)を除いた期間です。

所得補償の特約について

所得補償の特約は次のようになっています。

 

<保証金を支払う場合>
■死亡保険金 
・事故によるケガのため事故の日から180日以内に亡くなられた場合

 

■後遺障害保険金 
・事故によりケガのため事故の日から180日以内に後遺障害が生じた場合

 

 

<支払う保証金>
■死亡保険金
・死亡、後遺障害保険金の全額が支払われます。

 

■後遺障害保険金
・後遺障害の程度に応じて、死亡、後遺障害保険金額
 の3%〜100%が支払われます。

 

ちなみに、所得補償保険の加入に際しては
「健康状態告知書」
の提出は必要ですが、医師の診断は不要です。

 

とはいえ、契約に際しての告知事項に違反した場合には
保険金は支払われませんので注意してください。

 

スポンサーリンク