買い換え特例の条件は?

買い換え特例における売却資産の条件はどのようなものですか?

買い換え特例における売却資産の条件は次のようなものです。

 

■居住期間が10年以上であること

 

■売却した年の1月1日現在で、所有期間が10年を超えていること

 

■自分が住んでいた不動産であること

買い換え特例における買換資産の条件はどのようなものですか?

買い換え特例における買換資産の条件は次のようなものです。

 

■売却した年の翌年に取得したときは、取得した年の翌年中に
 居住を開始すること

 

■売却した年かその前年に取得したときは、売却した年の
 翌年中に居住を開始すること

 

■売却した年か、その前年または翌年中に取得したものであること

 

■建物の床面積は50u以上、土地の面積は500u以下、
 一定の耐震基準を満たしていること

 

■自分が住むための不動産であること

税額はどのように計算するのですか?

買い換え特例の税額については次の計算式で算出します。

 

■収入金額=譲渡資産の譲渡価格−買換資産の取得価格
        ↓
■課税長期譲渡所得金額
 =収入金額−(譲渡資産の取得費+今回の譲渡費用)×収入金額/譲渡価格
        ↓
■税額=課税長期譲渡所得金額×20%(所得税15%+住民税5%)

 

スポンサーリンク