心裡留保とは?/中間省略登記とは?

心裡留保とは?@

心裡留保というのは、
表意者が、表示行為に対応する真意のないことを知りながら行った
意思表示のことをいいます。

 

例えば、冗談でAがBに自分の家を与える
と約束するというようなケースがこれに該当します。

心裡留保とは?A

この場合、心裡留保であっても、
その意思表示は原則として有効です。

 

ただし、相手方Bが表意者Aの真意(冗談)を知り、
またはこれを知ることができるような事情にあるときは無効になります。

 

これは、そのような相手方を保護する必要はないからです。

判例では?

判例では、代理人(or 会社の代表者)が
自己の利益を図るために取引を行ったとしても、

 

民法93条但書を類推適用し、
相手方が代理人の真意を知っているような場合には、
相手方と本人(or 会社)との間では効力はないとしています(最判昭42.4.20)。

 

スポンサーリンク

中間省略登記とは?

中間省略登記というのは、
AからB、BからCへと順次売買されたけれど、
AからBへの移転登記が省略され、
Aから直接Cへの移転登記がなされた場合のように、

 

その登記が現在の実体的権利状態には一致しているけれど、
権利変動の過程とは一致していないものをいいます。

判例上の中間省略登記は?

判例では、当初はこのような登記は無効としていました。

 

しかしながら、その後有効説に傾き、
最高裁は中間省略について、

 

中間者の同意がなかった場合でも、
登記名義をいったん中間者に経由せしめよと要求し得るだけの、
保護されるべき客観的利益が中間者に存在しないときは、

 

中間者は、すでになされた中間省略登記の抹消を請求し得ないと判示し、
それを有効としています(最判昭44.5.2)。

 

スポンサーリンク