土地利用基本計画の土地利用の調整等とは?/土地利用権の制限とは?

土地利用基本計画の土地利用の調整等とは?

土地利用基本計画では、
土地利用の調整等に関する事項も内容としていて、

 

都市計画法等の個別規制法に基づく
諸計画の総合調整機能を果たしています。

 

また、次の規制等を実施する際の基本にもなっています。

 

■土地取引規制
■開発行為の規制
■遊休土地に関する措置

土地利用権とは?

土地利用権というのは、
土地を利用できる権利全般のことをいいます。

 

土地を自由に利用することができる権利には、
所有権がありますが、
他人の土地の利用権には、一定の制限があります。

土地利用権の制限とは?

他人の土地の利用権には、
利用目的に制限があります。

 

まず、用益物権として次のものがあります。

 

■工作物、竹木所有のための地上権
■耕作、牧畜に利用する永小作権
■要役地の便益のための地役権
■主に薪炭採草など慣習によって利用される入会権

 

次に、債権として、利用目的が様々に決められる
賃貸借と使用貸借の2つがあります。

 

ちなみに、入会権を除いては、
いずれも所有者との契約によって設定されます。

 

スポンサーリンク