不動産の所在地と住居番号とは?/住居表示に関する法律とは?

不動産の所在地と住居番号、地番とは?

不動産の所在地というのは、
都道府県、郡、市、区、町、村、字、および地番で表示されます。

 

一方、地番というのは、土地を特定するために、
市、区、町、村、字、またはこれに準ずる区域を地番区域とし、
その区域ごとに起番して定められる番号のことをいいます。

住居番号とは?

住居番号というのは、
市街地にある住所、居所、または事務所等の施設の
所在する場所(住居)を表示するために、

 

市町村内の町や字の区域を道路、
鉄道等によって区画された地域(街区)内にある、
建物等に付された番号等のことをいいます。

 

ちなみに、この住居番号は、地番とは関わりなく定められます。

住居表示に関する法律とは?

住居表示に関する法律というのは、
昭和37年に制定された法律です。

 

この住居表示に関する法律は、
不動産の地番は1筆ごとに定められますが、

 

その面積というのは大小様々であり、
特に、市街地においては、次のようなことから、

 

その表示方法、訪問、配達などの際に混乱を生じ、
不便をきたすことになったことから制定されたものです。

 

■1筆の土地に数個の建物が建てられるケース。
■数筆の土地に1棟の建物が建築されるケース。...など

課税客体とは?

課税客体というのは、
税金がかかる対象となる物件や行為、
事業などのことをいいます。

 

スポンサーリンク